そんなこんなでノルマンディの中に入りました。

 

ノルマンディの内観

ゴージャスです。いかにも、な感じのゴージャスさです。

これぞ高級フレンチ!という感じの内装だと思います。

シャンデリアがあって、大きな窓があって、絨毯が重厚な感じで。

サーブしてくれる方たちもパリっとして綺麗なお姉さんやイケメンのお兄さんです。

 

高層階ですので大きな窓から見える外の景色はとても開けています。

入って左側にはチャオプラヤー川が見え、右手には市街地が見えます。

川沿いの景色の方が良いかなと思って川の方のお席を予約する際には
ちょっと待ってください。

川の色、茶色いです。濁ってます。あんまり良い景色ではないと思います。

正直なところ、個人的には街中の見えるお席の方がおススメです。

 

テーブル数は7-8卓くらいかな?

お隣の席は7名位が座った大きなお席でしたが、お向かいの席はお2人で
いらしてました。

 

ノルマンディの客層

月曜日のランチに行きました。

 

お隣のテーブルはワイン関係のお仕事の会食でしょうか。

各方の目の前にグラスが3-4杯並べられていて飲み比べをしている
感じでした。

7人の内訳は2・3・3位のグループだったような気がします。

和やかではあるけれど、少し堅苦しそうな雰囲気でした。

 

少し離れたテーブルには日本人の女性らしき方が5名ほどお話されてました。

駐在の奥様たちのランチ会でしょうか?

そんな感じの雰囲気を感じましたが、どうでしょう。

 

一つ離れたお向かいの席は最初はお一人の紳士がお食事を楽しまれていました。

その方が帰られた後には小学生くらいの男の子を連れたファミリーが
いらしていました。

とてもお行儀の良い男の子で静かに本を読んでいました。

 

皆様、綺麗にエレガントな装いをされていてきちっとした感じで来られていましたね。

 

ノルマンディのお店の方

パリッとした綺麗なお姉さま方とイケメンなお兄さま方がサーブしてくれます。

お兄さま方は割とフレンドリーな感じです。

メニューを選んでいる時におススメを聞いたのですが、結局みんな
彼のおススメ以外のものを頼んだんですね。

「僕のおススメ、一つも頼んでないね」

と笑いながら言われました( *´艸`)

 

ごめんね。

 

お姉さまはチェーリーズエンジェルに出ているルーシー・リューさんを
タイ人ぽくした感じの綺麗なお姉さまでした。

私たちのテーブルの横に鏡台のような棚がありました。

隣にワインセラールームのような小部屋があったので、色々と作業するような
鏡台なのかしら?

お姉さまがそこでササっと自分の身なりをチェックしてるのを見た同行者が
こっそり教えてくれました。

(*´▽`*)

お料理のサービスも丁寧かつユーモアがあって良かったです。

 

最後にシェフの方が各テーブルを回って

「お食事はいかがでしたか」

と聞きにきてくれるのですが、縦にも横にもとっても大きな方で安心感がありました。

たくさん食べてたくさんお料理してるんだろうなぁって。

 

 

ENJOY LUNCH & ENJOY LIFE